世界車いすカーリング選手権大会2017 in 平昌(視察)

JSC競技力向上事業助成金により派遣事業を実施いたしました。

 日本は残念ながら2016年11月に行われたB大会で敗退し、2017年3月平昌で開催される世界選手権に出場することができませんでした。

 したがってパラリンピックポイント獲得の最後のチャンスでを手中にできなかったことで、大会参加選手団として平昌を訪れることができませんでした。そして同時に念願であった平昌パラリンピックの出場は道を絶たれました。

 2017年シーズンを迎えるにあたり、目標は次の2022年の北京大会へとシフトチェンジ。

4年後を目指してスタートを切ります。

 2017年3月4日(土)〜11日(土)の日程で開催されている大会の視察を、前期日程4名、後期日程2名に分かれて現地視察を行いました。

 パラリンピック出場圏内のポイントを持っている国、この大会の結果次第でパラが決まる国、この大会には出場できなかったけれど可能性のある国。

 会場は平昌パラリンピックのプレ大会と位置づけられていることから、設営、掲示板、アナウンス、ボランティアの配置など、1年後をイメージさせる運営の中行われていました。

 


世界カーリング連盟H.P.:http://www.worldcurling.org/

大会情報 : http://www.worldcurling.org/wwhcc2017

<参加国>

カナダ / 中国 / フィンランド / ドイツ / 韓国 

ノルウェー / ロシア / スコットランド / スイス / アメリカ


 会場入口では、応援グッズを無料で配布するなど、全体を盛り上げるための工夫がされています。日本は出場国ではないのですが、日の丸のマスクがありました。地元の応援団も団体で観戦しており、韓国だけではなく各国の名前をコールしていました。

 本大会は、入口でチェックがあり、チケットが渡されるのですが、観戦は無料で座席も自由です。

 ただし、アクレディテーションのチェックエリアには入ることはできませんでした。

 

 


<現在のパラリンピックポイント獲得順位>

 

           2015  2016  2017  total

1  ロシア     12  12       24  

2  中国      10   6       16

3  ノルウェー    1  10       11

4  アメリカ     6   5       11

5  カナダ      5   4        9   

6  スロバキア    7   2        9

7  フィンランド   8   1        9

8  韓国       0   8        8

9  スイス      0   7        7

10 ドイツ      4   3        7

11 イギリス     3   0        3

12 スウェーデン   2   0        2