キサカッリオ現地レポート

美しい自然の中にある、設備の整った総合スポーツ施設キサカッリオ。

バイキング形式でレセプションラウンジで頂く食事も、日本人の味覚に近く、

滞在する際の不具合はないようです。

青森チェアの皆さんは始めての遠征。

長時間のフライトはどんな風に感じたのでしょう?

ロホヤでは過去3回の予選会でチームJAPANが訪れていますが、

幾度となく雪に降られた記憶があります。

体に気をつけて、頑張ってください。

 

<予選4日目>
7チームのため1チームは試合がお休みの時があります。午前中は試合がなかったので、空いてるシートで(時間は45分と決められています)チーム練習をしました。
DSCのためのドローショットや、苦手なショットの練習後、夜の試合に向け韓国戦を見学。それをもとに韓国戦に向けての作戦を練りました。
昨日のエストニアの試合に勝利したことで、みんなの気持ちも持ち直し夜の韓国戦へ。
DSCも2投とも決まりさい先よく試合開始。1エンド目から韓国を悩ます試合展開となり、1点ずつではありますが、着実に点を取っていく展開となりました。ハーフ明けから韓国が焦ってきていることが分かり相手のミスショットが目立ち始め、最終的には作戦勝ちで6-3という6連勝を食い止めることができました。韓国に勝ったため、JAPANは予選Aブロックの3位となり明日のQualification Gamesに出ることになりました。
韓国との試合終了後、Qualification Gamesに出ることが決まったのでお疲れさん会&明日も頑張りましょう会をしました。どのチームと当たっても今日のような試合展開ができるように頑張ります!
(レポート 松田)